第17回平岡キッズまつりが8月26日(日)、平岡小学校(平岡9条2丁目)の体育館で開催されました。およそ600人の親子が参加、地域の交流を楽しみました。

 平岡地区民生委員児童委員協議会が平成14年から毎年開催している催しで、今年も清田区内の各団体や小中学生がボランティアスタッフとして参加しました。

 はじめに、清田区の健康づくりリーダー「清田Hi遊会(ハイゆうかい)」が清田区のマスコットキャラクター「きよっち」とともに「きよっち音頭」を披露。参加者も輪に加わって、踊りを楽しみました。

 会場には、巨大輪投げ、ストラックアウト、ヨーヨー釣り、ワニたたきなどのゲームが用意され、子どもたちはそれぞれのゲームに熱中しました。

 赤ちゃんのお世話体験コーナーが今年も設けられ、子供たちは人形を使って赤ちゃんをお風呂に入れる方法やおむつの換え方などを体験しました。

 また、綿あめや駄菓子、ポップコーンの出店もあり、こちらも子供たちの人気でした。

 今年も祭りのクライマックスは「子ども神輿」でした。法被と鉢巻き姿の子どもたちがみこしを担ぎ、「わっしょい!わっしょい!」の掛け声とともに元気よく会場を練り歩きました。