第2回平岡地区スポーツ玉入れ大会が2月17日(日)、平岡中央小学校体育館(平岡5条3丁目)で開催され、地域の子どもと大人およそ60人が参加しました。

 冬でもできる屋内競技を楽しみながら地域のつながりを強めようと、平岡地区町内会連合会が昨年に続き開催しました。

 参加者は、赤と白のチームに分かれ、すべてのボールをバスケットに入れるまでの時間を競いました。大人の部、子どもの部ごとに競技を行いましたが、なかなかボールが入らないこともあり、参加者は歓声を上げながら必死に玉入れを行っていました。

 玉入れは、小学校の運動会以来という人もいたようですが、冬の運動不足解消にも役立ったようです。