イオン札幌平岡(平岡3条5丁目)の従業員休憩所で2月22日(金)、NPO法人たすけ愛ふくろう清田(中村則夫代表、平岡8条3丁目)が「子ども食堂」を開催しました。

おいしいカレーを食べた子ども食堂

けん玉や押し花を楽しんだ交流タイム

 子ども食堂は、地域ぐるみで子どもを大事にする取り組みとして全国的に盛んになっています。
 イオン平岡が場所を提供し、NPO法人ふくろう清田が運営します。

カレー作りのボランティア

 第1回の2月22日は、地域の子どもと母親およそ60人が参加しました。ふくろう清田のボランティア20名が子供の相手をしたり、厨房でカレーライスをつくったりしました。
 子ども食堂は16時30分開始。最初は「交流タイム」と称して、押し花や折り紙、けん玉などを楽しんだり、宿題をしたりしました。
 やがてカレーライスが出来上がり、みんなで楽しくおいしいカレーライスを食べました。

ふくろう清田代表の中村則夫さん

 NPO法人ふくろう清田は、清田区を中心に各種生活支援サービスを行っているほか、地域サロン「お茶の間カフェふらっと」(平岡10条1丁目)を運営し、地域のつながりや支えあいを促進する活動を行っています。
 イオン平岡での子ども食堂は、毎月1回のペースで開催する予定です。次回は3月15日16時30分からです。対象は、幼児から中学生までとその家族。参加費は子ども100円、家族200円、一般の方は500円。問合せは、TEL011-889-2960。