札幌市清田区の平岡地区町内会連合会が運営しています

町内を通る市道平岡242号線の街路樹及び周辺の改良工事について

  • HOME »
  • 町内を通る市道平岡242号線の街路樹及び周辺の改良工事について

町内を通る市道平岡242号線の街路樹及び周辺の改良工事について
(ひらおか第46号より)

高田 俊夫 会長

 私共の町内会域内には、市道平岡242号線という主線道路が通っています。その道路両サイドには36本余りのかしわが植樹され28年余りが経過しました。
 開発当初より15年余りは低木の範囲で街舗道の環境として緑の多い街並みの景観に大きく貢献し、住民の心和む風景を提供してくれ ました。
 しかし、28年もの経過はその風景のみならず、その周辺に数多くの問題が発生し始めたのも事実でした。市道に面している各戸から落ち葉の片付け、清掃の重労働化は、とりわけ高齢者の方々より「何とかして欲しい」と要請の声が強く訴えられました。また大半の植樹されている街路樹桝も含めたその周辺の舗道や市道のヒビ割れや段差等、経年劣化の発生で住民の歩行に危険を感じる笛所が多発。またこの舗道が小中学生の指定登下校道路でもあり整備が望まれていました。害虫の発生源であり、カラスの巣も幾箇所かあり街路樹に近隣する各戸の方々の生活にご不満があり改善は必要の事案と判断しました。

第2期工事前の街路樹

 しかし、緑の多い街並みへの懐愁で伐採での改良工事についてそれなりの意見も捨てがたいの感があったのも事実で、それらを十分に尊重、加昧しながら計画実施の可否につきまして町内全戸の家庭にアンケートをもって意見の収拾を図り、70%弱の回収で実施やむなしに至りました。
 それらのご意見を全数、清田区土木センターさんに提供し、相当の回数を重ねた話合いの結果、ご理解が頂け改良計画案が提示。そして2年がかりの大工事となりました。

街路樹伐採後、植樹桝に花を植えま した

 お陰様で2015年5月から改良工事が着工され11月に半分完成、2016年5月に残りを着工、完成しました。
今、全街路樹桝には町内会の皆様のご協力で花の苗が植えられ、花壇のフェンスも工夫され、市道の両サイドは見事なまでの花が咲き、市道平岡242号線は フラワーロードと化しています。
 この計画が実行された第一の要因は、やはりアンケートを実施し多くの町内会員の参加でのご 意見を元に「町内会になじむ活動」と判断できた事と、その意思を積極的にとりあげ、実施まで努力された土木センター の英断があっての事と感謝しております。

札幌一の街並み景観を楽しみに

 これよりこの美しい街路樹のある街並み景観が、町内会の大きな財産であると町内会会員が認識して「札幌一の街並み景観がある平岡小学校前町内会」を誇りにして、 いつまでも住む人が心豊かに生活を過ごせる自慢の街になれば。そう感じてもらえる街であれば。こんな思いでおります。
 当町内会の近くにお越しの節は、ぜひ街路樹桝改良工事の成果をご覧ください。そして町内会会員の多くの方々の努力の一環でも御感じ頂ければ光栄です。

PAGETOP
Copyright © 平岡地区町内会連合会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.