餅つき大会

安藤町内会長あいさつ

 平岡公園町内会は1月14日(日)、新春のつどい(餅つき大会&お楽しみ会)を平岡公園会館(清田区平岡9条4丁目)で開催しました。地域の人や子供たちが参加し、交流しました。

おいしい料理

 今年で3回目となる町内会の新年会です。
 午前中の第一部は餅つき大会。会館大ホールに用意した臼と杵で、子どもたちが交代で本格的な餅つきを体験しました。ついた餅は、丸めてきな粉や納豆をまぶしてみんなでおいしく食べました。

子供たちのチェロ演奏

 綿あめづくりやゲームなども楽しみました。
 午後の第二部は、新春お楽しみ会。バイキング形式のおいしい食事やスイーツを味わいながらステージ発表を楽しみました。

にぎわった新春のつどい

 出演したのは、平岡公園会館で練習している「スズキメソードチェロ教室」の子供たちと清田和太鼓會の皆さん。
 チェロ教室の子供たちは、バッハの「メヌエット第2番」などのクラシック曲を一生懸命に演奏し、1曲終わるごとに温かい拍手を受けていました。

清田和太鼓会の演奏

 清田和太鼓會は、清田区内のお祭りやイベントで演奏することも多く、この日も勇壮な演奏を披露してくれました。
 最後に、ビンゴゲームが行われ、全員に福袋が当たり、盛り上がりました。地域のつながりが希薄になっている昨今、こうした町内会の新年会はとてもいいですね。