明治の開拓期、平岡地区は、ほとんどが山鼻屯田兵の給与地でした。平岡に屯田兵? 知られざる意外な平岡の歴史をひも解きます。

緑の枠線内が山鼻屯田給与地。現在の地図に落とすと、こういう範囲になります。左の境が御料線道路。右下に平岡公園。真ん中の太い黒線は道央自動車道(図:了寛紀明氏)

 屯田兵制度は明治の北海道開拓期に設けられたもので、北方の警備と北海道開拓の2つの任務を持っていました。全道37カ所に屯田兵村が置かれ、このうち札幌には琴似、山鼻、新琴似、篠路の4屯田兵村が置かれました。
 当初、屯田兵に給付された耕地は面積が少なく、屯田兵の間で不満が高まりました。そこで明治23年(1890年)、「屯田兵土地給与規則」が施行され、新たに屯田兵に土地が給付されます。
屯田兵1戸(個人)に15000坪(約5ヘクタール)の「給与地」を給付し、さらに屯田兵村の公有財産として広大な「公有地」を兵村に給付することにしたのです。
 山鼻や篠路などの屯田兵村付近には、広大な適地がなかったため、当時、「月寒村厚別(あしりべつ)」という地名だった現在の清田区に広大な土地を求めたようです。
 この辺の事情は、史料も少なく、ほとんど知られていませんでした。これを昔の資料や文献等で丹念に調べて明らかにしたのが、元清田小学校長で郷土史研究家の了寛紀明さん(清田区里塚在住)です。

真駒内御料札幌線。右側が平岡地区で、かつて広大な山鼻屯田給与地があった

 了寛さんによると、現在の平岡、平岡公園、平岡公園東、里塚緑が丘、厚別区上野幌にまたがる広大な土地が明治27年(1894年)、山鼻屯田兵の給与地になりました。ここは、明治になって陸軍御用地だったところです。
 山鼻屯田は明治9年(1876年)、240戸が今の山鼻小学校付近に入植しました。
 この平岡地区の山鼻屯田給与地は、面積が140万4000坪。縦横2.124キロの正方形の土地でした。正方形の西境が、今の真駒内御料札幌線(厚別滝野公園通)で、中央バス平岡営業所付近から厚別競技場付近までありました。
 御料線のこの区間が現在、一直線の道路になっているのは、山鼻屯田給与地の区画の名残です。
 山鼻屯田給与地の位置は、了寛さんによると、図に示した通りです。平岡公園もすっぽり入ってしまいます。東側は、道央自動車道を越えて、里塚緑が丘や平岡公園東まで範囲でした。北側は現在の厚別区上野幌を含んでいました。
 この屯田給与地のうち、特に平岡地区は今も碁盤の目のような整然とした街並みになっていますが、これも屯田兵給与地の各戸の区割りの名残です。給与地時代の道路が、今も平岡地区の生活道路になっています。
 この山鼻屯田給与地は、山鼻兵村から遠隔地にあったため、実際に屯田兵が開墾することはほとんどなかったようです。近隣の農家に小作をさせて、小作料を収入にしていたようです。
 この給与地は、明治39年以降、小作人らに売却されていき、本格的に開拓が進んで札幌近郊の農村として発展していきました。その後、宅地化の波が押し寄せ、今のような美しい街並みの平岡になりました。山鼻屯田給与地が平岡開拓・開発の基盤になったといえそうです。
 清田区内では、このほかにも有明地区に篠路屯田兵村の広大な公有地があり、真栄には新琴似屯田兵村の公有地がありました。
 札幌の屯田兵というと、琴似、山鼻、新琴似、篠路なので、清田区には関係がないと思っている人が多いと思います。しかし、意外にも、明治の開拓期の清田区は、平岡、有明、真栄など屯田兵村の土地だった歴史があるのです。(「ひろまある清田」より転載)