清田区平岡の地域交流サロン「お茶の間カフェふらっと」(平岡10条1丁目7-1)が開設2周年を迎え9月21日(土)、2周年記念感謝祭「うたごえ喫茶の集い」を開催しました。

お茶の間カフェふらっと前で行われた2周年感謝祭うたごえの集い

出来た!押し花アート

 「ふらっと」は2017年9月、今の一軒家の1階8畳間を借りてオープン。運営しているのは、NPO法人たすけ愛ふくろう清田(中村則夫代表)です。

折り紙に挑戦

 「ふらっと」は、地域の仲間づくり、地域の居場所づくりを目指す地域交流サロンで、平日の10時~16時まで開設しています。

ふまねっと運動

「うたごえ便よりみち」石澤佳子さん

 おしゃべりを楽しんだりするほか、パッチワーク、絵手紙、ウクレレ、オカリナ、押し花アート、スマホ・タブレット教え合いなどの楽しい活動も行っています。
 これらは同好会のような集まりで、指導する先生はおらず、仲間同士で楽しく教え合ったりしているそうです。
 認知症の家族を支える勉強会や、ペットと一緒の終活相談なども行っているそうです。
 こうした地域の活動を楽しく続けて2周年。これを記念して地域の仲間が集まって開催したのが「うたごえ喫茶の集い」です。
 「うたごえ便よりみち」の「よっちゃん」こと石澤佳子さん(札幌市豊平区)を迎えて、「ふらっと」前の軒先に会場をつくって開催しました。

代表の中村則夫さん

 石澤さんのアコーディオン伴奏とリードで、懐かしい歌の数々を声高らかに歌いました。秋晴れの下、気持ちの良い青空うたごえ喫茶になりました。
 また、コーヒーを飲んだり、お菓子を食べたり、お楽しみ抽選会を行ったり、楽しい2周年感謝祭でした。
 「お茶の間カフェふらっと」は、利用する仲間をいつでも歓迎しています。利用料は1回200円。問い合わせは「たすけ愛ふくろう清田」(TEL 011-889-2960)。希望者には、「ふらっと」の行事予定カレンダーを送ってくれるそうです。
 地域のつながりが希薄になっている昨今、こういう取り組みはますます大事になっているようです。

「ひろまある清田」より転載